ともあれ互助会は滅びるべきである

Apps、meshigakuitaiなど、はてなスタースパムがひどすぎる人たちとそれを容認する運営にいつか天罰が下りますように

「背すじをピンと!」7巻感想  「カップル(関係性)」として進化するということ

①「接点」は何個あるかを意識する。
 一緒にいることや近くにいることと「接点」は違う。


②その「接点」から男性がアクションを伝える。女性はそのリードを受けて、相手が自分をどう動かしたいのか感じ取りリアクションする。



③「能力」を信頼することと「通じあう」は全く別の話

二人はお互いを認め合ってはいるが、お互いのことについて関心がなさすぎる。もっと相手の気持ちを汲み取る努力をしなくてはいけない。相手の能力を信頼しているが、それゆえにリードをしなくても勝手に相手がついてきてくれると勘違いする。



④自分のカップルの「型」を理解して成長目標を考える

お互い寄り添い助け合うカップルもいれば、お互いがパートナーに負けじと競い合い高めあう戦友のようなカップルもいる。みんな違っていてみんないい。大切なのは自分がどういうタイプのカップルかをよく理解して「練習する」こと。そんで、どういうカップルに「成長」していくのか考える。


⑤他者は参考程度にする。自分たちの現状を正確に理解するほうがはるかに大事

経験者のマネをして難しいことをやっても仕方がない。自分たちでもできる簡単なやつを考えること。


⑥「成長」曲線を意識する。

急激に成長していくと、踊り場(停滞期)がつらいがそれはそういうもの。
緩やかに成長し続ける、周りを気にせず、一歩ずつ成長していくのを楽しむ。これだと危なげなくて安心感がある。



⑦お互いが自己を犠牲にせず、主張するべきところは主張する
「二人で一組」という意識。 お互いが遠慮しあうカップルであってはならない。お互いがお互いを輝かせるような関係を目標とする。



⑧ちょっと勇気を出してみる

ちょっとだけ勇気を出してみる。
ちょっとでいいんだ。ちょっとだけ勇気を出せば変われるんだ。
脇役が主役になれるくらいには。
そして、そんな勇気を出させてくれたのは……

 

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)[Kindle版]

横田卓馬 集英社 2016-10-04
売り上げランキング : 3317
by ヨメレバ


あああああ。これめっちゃ面白いんだけど、面白すぎてクライマックス感すごい。
このまま終わってしまいそうな気がして怖いですわ。