ともあれ互助会は滅びるべきである

Apps、meshigakuitaiなど、はてなスタースパムがひどすぎる人たちとそれを容認する運営にいつか天罰が下りますように

このブログで取り上げているマンガについて

このブログではおもにマンガを読みます。そしてブログ記事は自分が読んで楽しんだマンガについて、

①その感想ログを残したり②このあたりを知っておくともっとこの作品が楽しめるんじゃないかな、というヒントを書いてみたり③この漫画をきっかけにこんなことを調べてみたよ、という報告などをしたり

してます。そのマンガを読んだことによって考えたことや得たものの断片を書いてる感じです。つまり、趣旨としては、マンガ紹介でありません。

どちらかというと、面白い漫画を探している人、というよりも「すでにそのマンガを読んで、一緒に感想を共有できるような人」に読んでもらいたいなーと思ってます。もちろん、このブログをきっかけにマンガを読んでもらって、それで気に入ってくれる人が出てくれば、それより嬉しいことはありませんが。

ですので、もしこのブログで取り上げているマンガについては、気軽にコメントをいただけるとうれしいです。これからも、作品追加するたびに更新していきます。まだ50冊程度しか読んでいませんが、これからどんどん読んでいくつもりですのでよろしくお願いします。




カテゴリを作っているマンガ(歴史マンガ編)

1位 風雲児たち(歴史漫画の超傑作。全巻感想を書いていこうと思います)

2位 疾風の勇人

3位 乙女戦争

4位 アド・アストラ

5位 狼の口 ヴォルフスムント

カテゴリを作ってるマンガ(お気に入り作品)

1位 インスタントバレット

2位 ランドリオール

3位 ワールドトリガー

4位 3☓3EYES

5位 戸田誠ニ作品

6位 支倉凍砂作品



他に取り上げてる作品

1位 辺獄のシュベスタ(オススメ!)

2位 ボールルームへようこそ

3位 背筋をピンと!

4位 この世界の片隅で

5位 7SEEDS




などです。

meshigakuitaiが終わったと思ったらまた新しいはてなスタースパム

eternalcollegestとか言う人ね。

記事更新直後にはてなスターを2つって全く手口が同じだね。

ブログ見に行ったら、典型的な「何万PV達成しました!みんなに方法を教えるね!」系のやつ。



どうも最初ははてブスパムをしていたようだね。
ttp://b.hatena.ne.jp/sorio13/



そしてこの人のブログを端的に表す言葉。

何が凄いって、お勧めのゲームが80本あり、おすすめの青年漫画が100冊あり、おすすめの小説が100冊あり、おすすめの映画が100本あり、おすすめのSFが20本あり、おすすめのホラーが20本ある所。

まぁ、間違いなくクラウドソーシング使ってるか、Amazonレビューからそのままコピペして使ってる。一回やってみるかね。

「コピペだけで作るめちゃくちゃ丁寧なおすすめ100選記事」

すぐにネタばらしして記事消すみたいなことやれば許してくれるかな。

しかし、本当にしっきーとヒトデのせいで、この手のまとめ100と互助会流行ったね。







それにしてもさぁ。本当に読む価値ない記事ばっかりが検索で強くなるね。

なんでどいつもこいつも同じようなことやってんの?っていうとだれか絶対教科書配ってるんだろうね。

商材からなにまですべてやぎろぐとやってることが同じ。

アフィガチ勢じゃなくて、これは「サロン運営して儲けたい」やつ。

もっといえば、他の人から教えてもらってそれをそのまんまマネしてるやつってのがバレバレ。

とにかく少ない読者数のブログを狙ってこういうスパムやれってだれか教えてるんだろ?

せどり転売ヤー批判と同じになるけど、本来の趣旨が全く無視されて、

必要がないのにチケットを買い占めて需要を歪めたり、好きでもないのにおすすめ記事を書いてPVをかっさらったり、なんかもういろいろと終わってるね。





儲けたいなら儲けたいでいいから、私興味ないから。よそでやってください。

Fランシリーズその2 54話~56話

(特に見る必要なし)56話 企業分析の話 =会社の差別化要素を理解する(コメダ珈琲スターバックスの話)

分析が不十分だと頓珍漢なことをいうよ、という話

ね、ぜんぜん違うでしょ? 

ビジネスモデルの違いを知れば、志望動機や自己PRは変わるという話がしたいのだろうけれど
ここまでFランに理解しろって話は無理で、単に語りたいだけだろう。
正直この動画は見なくてもいい。これ興味あるなら、投資やろう。




(特に見る必要なし)55話  Fランの一番ダメなところは、周りの人間もFラン大生ばかりだということという話

・結局ネットで何が書かれていようが、人間はリアルで自分の周りの人を参考に決める。
・そもそもスタートするのが遅い。
・どれだけ頑張る必要があるのか、どれほどの水準が必要かがわからない。
・ネットなどにどれだけいい情報があっても、まずは身近な人間を参考にするのは仕方ない。

→今の自分を変えたければ、意識的に自分がちょっと厳し目な環境にいくしかない。




★★★54話 「内的キャリア」の話(7つの習慣の第2象限)は、就職活動が始まった後ではもう手遅れ

・内的キャリアの話は中長期的な話。4年生からそんなことを考えるやつは手遅れ。

・どうせ内的キャリアを就職前に考えたって、就職後に変わる。だから「とりあえず」「最低限」は大事。

・4年はまず選べる立場に成るため、「外的キャリア」支援を徹底スべき。

・「戦略もないのに、目先の疑問を理由にレールを外れると、自分が本当にやりたいことを見つけた時に実行することができない可能性もある」

・「既存のシステムやルールを無視すれば、いくらでもキラキラとした希望的な話はできるよ。
  でもそれ、何の根拠もないし、気休めにしかならない。現代の新卒就活をしらない大人がやりがち」

・あるいは、君が聞いてきたセミナーみたいに、大衆向けの話もそう。キラキラした話は敵を作らないから。
 でも、俺達が相手にしているのは夢見る小学生じゃないからね。システム的にどうなのかって観点は必要だよ。

・50代の人間が語るキャリア論とかは基本的に時間軸が悠長。

・価値観の面倒なんて、そもそも就職支援課の人間に面倒なんて見れないよ。

・「働くのは生活のため。自己実現はプライベートで」だって立派な理由だし、無理に仕事で何かを見つけさせる必要もないと思うけどね。





ちなみに、「情報発想原」ってメルマガ昔は読んでたけど、まさにこの「内的キャリア」を煽るタイプの媒体だったね。

Fランシリーズ その1 57~60話

一番最初に見ておくと良い話。基本的にはこの作者はこの動画にある内容を繰り返しシチュエーションを分割して語っているだけ。

この動画の内容がわかっているなら、他の動画はぶっちゃけ見なくても良い。



(1)学歴フィルターについて
  存在はするが、これは根本的な問題ではない。


(2)Fラン大生が落ちる本当の原因=実力がないから切られているのに、これを学歴フィルターだと勘違いしている

 ①筆記試験が本当に出来ない=筆記試験の対策すらしない。
  「やらないのではなくて、やれない(その習慣を身に着けてこなかった)」
  「にもかかわらず、未だにやればできると思いこんでいる」

 ②エントリーシートが書けない
  1:特に「学生時代に(主体的に)打ち込んだこと」「PR」が全く出来ない。
    =勉強をしないからといって他に何をしてるわけでもなく、全てにおいて無気力。
     問われるのは「主体性」なので、主体性を持って何かをやった経験自体がないと死ぬ。

  2:文章能力が以上に低い。練習もしていない。


 ③情報弱者である(身近に「正確な」情報を教えてくれる人がいない)
  1:部活動やサークル活動で縦のつながりを作れていない。
    縦の活動があっても、ちゃんと就職活動をした先輩がいない可能性がある。
    それどころか、一般的には間違った特殊な成功例をゴリ押しする先輩の話をきいて道を誤る。

  2:情報の調べ方を知らない
   ネットで「自分に都合の良い情報」だけあさってしまう

  3:学内セミナーや、就職課で模擬面接などの支援をやってるのに参加しない。
   これは本人の問題。


 ④周りもFラン大生なので、ベンチマークが低い
  自分も周りと一緒で良いと思ってしまう。
  Fラン大の場合「受け身でいても正しい情報を得られること」はもはやありえない。
 

(3)そうやって就職活動に失敗した上で、学歴のせいにする人たちは、もはや被害者ではなく加害者

Fランが取り組むべきこと

1:コツコツ取り組む習慣を作ること 「モチベーションは継続しないが、習慣は継続する」

2:何かに「主体的に」取り組む (たとえ周りに合わせて

3:情報源を見つける (自分と同じプロフィールで成果を上げている人に話を聞く。自分と似ているが成果が出ていない人は最悪)



新しい動画から見ていく。


60話 
インターンシップの参加についての話。

・企業に対するアンケート統計を用いての説明あり。興味がある人は見れば良いと思う。
 正直それほど見る価値はない話。

インターンシップはもともと企業の青田狩り用の仕組み。
 (紳士協定からの脱法ってことね、最近はウォンテッドリーのように学生を安くこき使うために使ってるところもあるけど)
 なので、ここに参加して、評価を得られるように準備をしてきた生徒以外は必ずしも受ける必要ない。

・ぶっちゃけ後ろ向きな理由(受けないと評価が下がるかも?)みたいな理由で受けても意味がない。
 結局53話の「内的キャリア」の話同様、インターンシップの話が出てから準備するようなやつは駄目ってこと。


59話

有価証券報告書の読み方
・Fラン大というより授業困難校の風景。
・最後の講師がキレるところが笑いどころ


・未内定者どうして馴れ合うことの不毛さ。
・負け犬の馴れ合いをやってる場所には必ず「イケダハヤト」や「マルチ業者」みたいなのが来るという話
・どうせ聞くなら、「内定が出た人」や「相談のプロ」にきくという発想ができない人間はそれ自体負け犬だよという話。

→つらいからといって、青二才さんとかに就職の話聞いても、就職せずニートしてる人間からのポジショントークしか聞けないから意味が無いんだよね。
 まして、池田隼人とかに相談するという人はもう相談する相手を選べないという時点で詰み。


・地方から来た学生にありがちな、コネを信じる人間について
・コネが悪いわけじゃなく、自分の人生なのに当事者意識を持って情報の確度を考えないことが罪だという話。
・今の大人は若者の就職状況を知らないという話。

「めしがくいたい」さんはさ、MANSA会員なのにはてなスタースパムとかやってて悲しくないの?

まぁ東大卒でもピンきりあるわけだし、MENSAにもピンキリあるんだなぁってことはよくわかりましたが、なんか見てて悲しい。

https://www.nasnem.xyz/entry/2017/09/03/083500/

もうその芸風Appsさんのところで見たから。

とりあえず私の目につかないところでやってください。

手動でやってるなら止めてくれればいいし

プログラムでやってるなら、私のブログは対象外にしてください。


追記。
記事を更新した時にはてなスターがつくかどうか実験。

はてなスター営業やってたら一発で可視化されるという話。

なんかここ数日わたしのブログにはてなスタースパムしてる方
http://hatena.ahiufomasao.org/entries/?blogger=meshigakuitai
はてなスタースパムで人を集めてるのがよくわかる。

ただ、そういう人ってのは当然誤配が起きるので

ttps://www.nasnem.xyz/entry/2017/08/29/225705/
はてなスター営業をやって人を集めてしまうともう「ハズレ」記事を書きにくくなる。

ただでさえ迷惑行為でイラッと来てるのでしょうもない記事を書いたらコメントでもボコボコにされるよね。

はてなスターは、いつも脳みそ空っぽの初心者だけが釣れるとは限らないのだ。

人の気分を害さないような毒にも薬にもならないつまらない記事をかくしか許されなく成り、成長が止まってブロガーとしての死を迎えてしまうことになるくらいなら

最初から地道にやったほうがよくない?





ttp://www.mskprpr.com/entry/2017/05/04/211411
こういう記事を書いてるこの人も香ばしいなと思ったら

エントリー一覧 - はてな研究

あんの上自分がはてなスタースパムやってるからこういうこと書いてるわけだな。ポジショントーク乙。




どれだけ取り繕っても、こういうツールがある以上一発で可視化されるから気をつけような!




はてなスターは天使?悪魔?私が見出したはてなスターとの付き合い方 - ブログ書くのが辛い

この記事はちょっと面白かった。

私も土日に吹き出しでなんか書いてみよう。

さすがに直接トラバまで送って文句いったわけだから

もういい加減スターつかないと思ってるし

これでスターまだつくようなら、嫌がらせだよね