歴史マンガはいい文明

「風雲児たち」から初めていろんな歴史マンガを読みます。オススメの歴史漫画あれば教えてください

このブログで取り上げているマンガについて

このブログではおもにマンガを読みます。そしてブログ記事は自分が読んで楽しんだマンガについて、

①その感想ログを残したり②このあたりを知っておくともっとこの作品が楽しめるんじゃないかな、というヒントを書いてみたり③この漫画をきっかけにこんなことを調べてみたよ、という報告などをしたり

してます。そのマンガを読んだことによって考えたことや得たものの断片を書いてる感じです。つまり、趣旨としては、マンガ紹介でありません。

どちらかというと、面白い漫画を探している人、というよりも「すでにそのマンガを読んで、一緒に感想を共有できるような人」に読んでもらいたいなーと思ってます。もちろん、このブログをきっかけにマンガを読んでもらって、それで気に入ってくれる人が出てくれば、それより嬉しいことはありませんが。

ですので、もしこのブログで取り上げているマンガについては、気軽にコメントをいただけるとうれしいです。これからも、作品追加するたびに更新していきます。まだ50冊程度しか読んでいませんが、これからどんどん読んでいくつもりですのでよろしくお願いします。




カテゴリを作っているマンガ(歴史マンガ編)

1位 風雲児たち(歴史漫画の超傑作。全巻感想を書いていこうと思います)

2位 疾風の勇人

3位 乙女戦争

4位 アド・アストラ

5位 狼の口 ヴォルフスムント

カテゴリを作ってるマンガ(お気に入り作品)

1位 インスタントバレット

2位 ランドリオール

3位 ワールドトリガー

4位 3☓3EYES

5位 戸田誠ニ作品

6位 支倉凍砂作品



他に取り上げてる作品

1位 辺獄のシュベスタ(オススメ!)

2位 ボールルームへようこそ

3位 背筋をピンと!

4位 この世界の片隅で

5位 7SEEDS




などです。

かなりも互助会ブログだけどブクマ欄さえ見なければそんなに嫌いじゃないよ

かなり

というブログが100万PV達成してた。

このブログはブクマ欄だけ見たら完全に互助会のゴミカスなんだけど、私はここはそんなに嫌いじゃない。

記事自体はしっかり書いてると思う。

この人のつけるブクマはいかにもな営業という感じではない。記事も、現在のブクマ数は過剰評価だとは思うが、そういうことしなくてもそこそこブクマがつくに値する。個人の主観だけどな。


だからこそブクマ欄のゴミカスぶりが目立つ。ブクマつけてもらった側の人間がゴミばかりで、しょうもないブクマ欄を作っているだけになってる。



正直行って勿体無い。ちゃんとしたやり方で戦っても伸びられた人だと思うのに。




この人も、互助会の闇に落ちてしまったことで、本当に面白い記事を書けるようになった頃にはもうはてなからはスパム扱いされていなくなっていることだろう。

そして、実力を身につけたのに、ズルをしていた頃に得ていたPVの方がずっと多いことに耐えられず、消えて行くのだ。


互助会って
悲しいね。

なんでこのバカ達はオタクが一枚岩じゃないのは知ってるだろうに、PCは一括りにして語れると思ってるの?

https://togetter.com/li/1141822

①PCがオタクを守っているってのは正しいと思うんだけど、

②PC急進派に守られてる気はしない。むしろこいつらにはなぐられている気がする。

③そういう意味で急進的なPCが批判されてる状況で、もしPCが全廃されたらーみたいな話をするのはおかしい

というか、ここでぎゃーぎゃーいってるやつらもそうだけど、


お前ら、一人の人間とかクラスタみたいな粒度の話でも、「男と女」とか「PCかのんPC」くらいの二元論でしか語れないやつ

はっきり言って頭の善し悪しをのぞいても、会話ができる気がしない。





一言で言うと、主語デカすぎる。以上。

男と女7 同意と共感(受け止め)と励まし(勇気づけ)は違う

同意する必要はない。共感したからと言ってそれを認める必要はない。
男性にとって、結論に同意するのでなければ、その話になんの意味があるのか不明だが、
女性はこういう生煮えの話を他人に出しても平気ないきものなのだ。
むしろ話し合いというのは結論よりも過程が大事と考えてるようなので、もうそういうものだと思うしか無い。



男性からしたらこの言葉は屈辱でしか無いのだけれど、女性はこの言葉が嬉しいのです。
f:id:possesioncdp:20170813135853j:plain

※「お前の中ではな」はつけちゃ駄目ですよ!


とにかく、女性に対しては、共感の言葉をかけてあげることが大事で、
その言葉をプレゼントしてあげない限り、我慢して話を聞いても、聞いたことにしてくれません。

男からすると、単にそうだね、と受け止める会話というものは低レベルで幼稚に感じてしまいます。
なんだか自分がバカになってしまったような気がしてしまい抵抗感が有るのです。
もう一つは、たんに相槌を打ってるだけの会話なんて、てをぬいているようで相手に失礼だと感じてしまうのです。

そもそも男性からすると、感情を出すkとを普段抑圧されて生きているので
感情をぶつけられても困る。会話のプロトコルが違うのです。

真面目な男性ほど女性がm止めている返しができないというやつね。
それでも、女性がそれを求めてるんだからそうするしかない。


なにも、男性型会話をやめろと言っているわけではありません。
それはあたかも日本語を話すのをやめろと言っているのと同じこと。
今持っている会話スタイルを捨てるのではなく、
コミュニケーションレベルを上げるために、幅を広げるのです。

日本語以外に英語を身につけるように、
もう一つ、違う会話スタイルを持っておくと考えればいいのです。

全面的にスタイルをきりかえろというのではなく、まずは一つだけでも使ってみる。

こういう感覚で考えればいいのだというkとですね。




おなじ言葉で話している人間だと思わないことが大事です。これほんとうに。




とにかく女性は望む結果をイメージしないで話し出すことが多い。

落とし所をかんがえずにぎゃあぎゃあわめく人間って、男同士だったらバカでしかないし全力で殴りたくなりますが

迷子になって困っている人に、付き合ってあげる感覚が必要だということだとおもいます。

実際、はなしにちゃんとつきあっていくと、男性より遥かに賢いことが多いです。

自分より賢いのだけれど、なぜか生煮えの状態で話し出してしまう、というだけです。

すごいストレスに感じるけれど、ちゃんと話を聞いたら面白い、って信じる価値はあると思う。

男と女6 女性は共感する生き物というのは大きな嘘である

そもそも女性は、普段共感が大事とか言う割に、男に対しては共感を示さない。

共感共感といってはいるが、お互いに同じような存在でいようね、と強要しあっているだけに男からは見える。

なので、共感を大事にしていると言う割に、受け入れられるゾーンがめちゃくちゃ狭い女が多い。

実際「共感しあわなければいけない」という縛りが有るから、最初から逸脱しないように気をつかいあっていることの弊害だろう。
「共感できる範囲」が漠然と決まっていて、その範囲内でわかるわかるといいあっているだけで、「自分と違う他者を受け入れる」という意味の共感ができる女性はそう多くない。

だから、共感共感言う割に、多様性はそんなに広くない。
すごく狭い範囲でバリーションを持っているが、男と違って幅は狭い。


むしろ「自分と違う他者に共感はしないが、いちいち否定もしない」男のほうが現象としては寛容であるようにみえる。

女性の自分がりかいできないものへの不寛容さや、排除を強く訴えるその激しさは、男からするとまさにドン引きするレベルだり、
どの口で共感を大事にする生き物だとのたまっているのか不思議である。



共感を大事にしているのではなく、共感することを強要されてきた性というのが妥当ではないだろうか。




まぁとにかく、長年のゼロトレランスネットパトロールかつどうのおかげもあって、
男ガワは女に対して言ってはならないタブーの数々をかなりこころえてくるようになったと思われる。
セクハラ発言が女性にとって致命的なmのであることもさすがに理解してない人間は減ってきたのではないか。
なんせ最近は取締が厳しすぎて冤罪で検挙されることも有るしあのパトロールなんとかしろよほんとに。


だが、それに比べて、女性のガワは、男に対して言ってはならないタブーがしっかりと入っているといえるのだろうか。
何の気なしにズケズケと男の土俵に立ち入っては土足で踏み荒らしていないだろうか。
現代の徐栄はそのあたり少し反省する必要があるのではないか



と、姫野友美さんが言っていた。

男と女5 女性は男からしたらプライドを傷つける言葉を平気で言う悪魔である

男性のプライドはホルモンでいえばテストストロンが分泌されているという状態。

男と女では言葉の使い方そのものが違う。

女は言葉を「脳の蓋をあけ、自分を見せるために、他人とつながる」ために用いる。
男は言葉を「脳の蓋をしめ、自分を守るために、他人を説き伏せる」ために用いる。


女は自分の弱みを見せることが平気。むしろ共感してもらったり助けてもらうという戦略が当たり前に許されるので積極的に見せる女性も多い。
男性は、自分の弱さを指摘されることに強い不快感を感じる。


ゆえに言葉遣いも違う。


女にとっての言葉は共感するための言葉なので、あまりプライドは存在しない。
男にとっての言葉は第一にプライドありきであり、自分の弱さを隠すことが目的である。

弱さを指摘するような言葉を言われたら、これは女性にとってのセクハラと同じであり女性は自分が平気だからと言って男性に対してこういう言葉遣いをしたなら、男はその女をセクハラ男と同じような軽蔑の目か、あるいは恐怖の対象とみなす。

男と女4  男が女の「どうでもいい」おしゃべりに付き合える時間は15分が限度である

◆女性は前交連という感情の通り道が太くできていて、怒りや悲しみ、不平不満などの情報を増幅させやすい。
一回マイナス方向に考え始めるとすべての要素をマイナスに結びつけて捉える傾向がある。
さらにセロトニンが少ない。

→不安におちいった女はちいさなことで揚げ足取りを取る。

→女がストレスを解消する方法は基本的に不平不満を口にだすことしかない。男と違ってとにかくしゃべらないと解消されない。



◆女性は小さな幸せがたくさんある方が好き。
 ビッグな幸せには不安を感じる。常に妬み嫉みの世界で生きている生き物だからしょうがない。
 女社会ってほんとにジメジメしていて気持ち悪い。その不満を男に解消してもらおうとするから余計めんどくさい。
 そのくせ「このくらいの幸せなら誰も怒らないよね」という計算をして常に他の人より自慢したがる



◆女にとって言葉は軽い。メールでのやりとりですら会話の延長線上。
 女の脳は幾つものことを同時並行で処理することが可能だが、男はできない。
 仕事の途中に仕事以外のことを考えるよう要求するとかいう女は男のことを何も分かってない。
 
→とはいえ、おんなのメールをすべて無視することは難しい。
 なので、時々女の気分が良くなるメールを送ることが大事だとかそういう話らしい。



◆女は男に浮気されると生きていけない生き物だった(かつてはね)
 なので、浮気センサーが非常に発達している。
 そのくらい、浮気というものにたいしては敏感だし、浮気を許すかどうかは死活問題。


◆女は、一定でないからだと心を抱いてなんとか日常を正常にこなすことに、エネルギーの大半を費やす。
 男と違って、昨日の自分が今日と同じコンディションという安心感がないのだから、
 あまり長期的なことを考えることよりも、その日一日一日を大事に過ごそうとするのは当然。



◆女は、変化を求めていないわけではない。
 安定の基盤を何よりも求めるが、変化自体は強く求めている。
 安全に冒険ができることを好む。だからワンナイトラブみたいなのは平気。



◆男の性中枢の大きさはおんなの二倍以上。
 視床下部は動物としての欲求を満足させるための古い脳。
 男の性中枢は、視床下部の内側視索前野というところにあり、
 ここは男が女性の2倍以上の大きさが有る。
 さらに、テストステロンは男のほうが10倍~20倍多い。

→女は大脳皮質の前頭葉に性中枢があるため、本能よりも頭で考える。
 さらにおんなの場合、腹内側核という場所が性欲に大きく関係する。
 腹内側核は満腹中枢と同じ場所にあり、女性は性欲と食欲がリンクしやすい。
  =女性は満腹時に性欲を高めやすい。


◆男の性欲は一瞬で、しかも自動的に高まる。これを「けしからん」というのは女の勝手。
 女性は脳の構造が違うから性欲が高まりにくいだけ。
 女性が自分の感覚で男の性欲を制御しようとするなら、男は逃げる。

→逆に言うと、女がやたらといろんなものに「かわいい」というのは男には理解できない。
 その感覚を完全に自重しろ、と言われるようなものである。



男は視覚的な刺激ですぐに性中枢が反応するが、女はほとんど反応しない。
 女性の性欲は、大脳皮質にセンサーがあるため、会話は性的興奮に欠かせない。
 お腹を満たし、安心感を与え、ムードを作らないとそもそも全く興奮しない。

→妻が苛立っている時に夫が会話を放棄してしまうと、
 女はノルエピネフリンコルチゾールのレエルが上昇する。男は一切反応しない。
 女はネガティブな会話をするだけでストレスホルモンが高まり、性行為の興奮を妨げる。
 喧嘩した時に性行為によって解決みたいなマンガみたいな描写は実際にはかなり危険。
 
→逆に言うと、女性が男の寝物語を信じてしまうのも脳のエラー。
 心を許すまでのハードルが高い代わりに、性欲が高まっているときは心のガードが異常にゆるい。
 男は逆に性衝動が発散された後は賢者モードになるので、その時の発言を信じてはいけないのだが。。



◆男は女に対して単純な接触などでもすぐに勘違いする。
 この勘違いはテストステロンの作用に寄るものなので、意識的に制御せざるを得ない。
 逆に女性も「勘違いさせるな」とは言わないが、セクハラみたいなことをしない限り
 ちょっとだけ気分良くなってしまう、ていどは許してあげたほうが良いかも。



◆男は自分が助けた女に好意を持つ、逆に女は助けてくれる人に好意を持つ。

→ただ、そのせいで女は思わせぶりな態度やサインを送っておいて男がそれに反応しない時に、勝手にキレる。
 そのくせ男には「そんなつもりはなかったのに勘違いするな」という自制も求めることがある。
 ここまでやっちゃう女性はもう完全に頭の悪い女であり、こういう女は相手にしてはいけない

→男は助けたいときに助けたらよろしい。女は助けて欲しい時に助けてといえばよろしい。
 この中間でしょうもない駆け引きをしてるやつらは全員滅びて欲しい




◆男はできるだけしゃべらずにすませたい生き物
 「言わなくてもわかるだろう」というレベルのことはいちいち言葉を出さずに済ませたい。
 

「左脳」を使って、事実や論理、および自分の意思に基づいておこなう発語に関しては男だって女には劣らない。
 男同士で長時間の会話が盛り上がってるのを見て、女がついていけないと思うことがあるはずだがそういうこと。
 趣味や学問など、何か間を媒介するテーマがあれば男の話はいくらでも続けられる。

→ただし、「感情」などのあいまいなことだとか「必要性がないこと」について語る時には
 男の脳は機能しない。そこは「右脳」だとか「大脳皮質」といった女性が強い分野で男は強くない。
 極端な話女の話は自分中心であるが、自分自身に関する話をすることほど男が苦手なものはない。

→興味のないことについて話すのは女性だって苦痛だろうが、男性ははるかに苦痛を感じる度合いが強い。
 そういうものを話すことを強制されるのは耐え難いのであり、
 それを自分が好きだからと言って夫や彼氏に強要し続けたら多分すぐに疲れ切ってしまう。
 せいぜい15分が限度だと思っていれば良い。逆に言えば、15分も女のどうでもいいおしゃべりに付き合ってくれる男性は、彼女のことを無茶苦茶大事に思っていると考えたほうが良い
 
 「デートで2時間会話がつづかない相手とは相性が悪い」みたいなことが書いていることがあるが
 この水準を当然のように期待していたら、高確率で将来二人は分かれることになる。
 だいたい、2時間も話をしようと思ったら、男か女のどちらかが、自分の好きな話をして、どちらか片方が我慢をしているはず。



◆男のストレス回避行動は「引きこもり」「オタク化」であり、女は摂食障害である。
 女性の場合、ストレスになると女性ホルモンのエストロゲンが低下する。
 摂食障害にもなれば女性的魅力はすべて失われることになる。

 男の場合は男性ホルモンのテストステロンが分泌されなく成る。
 存在意義そのものを否定されているようなものだから、生物学的な活性レベルを著しく下げることに成る。
 男性の場合、そのままあっさり自殺することも有る。
 

→基本的に男性のテストストロンがもたらす行為を否定していくと男性は引きこもりになる。
 男性が女性に興味を抱くのは、残念ながらまず性欲ファーストなので、
 女性と違って、まず人間として興味を持ってもらってそれから好きになって欲しい、とかは難しい。
 性欲が死んでると、そもそも女性に全く興味を抱かなく成る。


 
◆男と女ではそもそも資格に違いが有る。
 男性の網膜にはM細胞が多く、色彩にあまり興味を抱かない。位置・方向・速度に興味を抱く。
 なので、黒色の服でも平気。その分動きや位置が大事。クロ・青・銀色を好む。

 女性の網膜にはP細胞が多い。色彩や質感に強い興味を抱く。
 それ故に色彩が豊かなものを好む。



◆女性の方がいじめが残酷になりやすいのは、仲間はずれや愛されないことへの警戒心が男の数倍強いから。
 人間関係が上手く行かなくなったり他人から思うような愛を受け取ることができないとかんじるやいなや
 コミュニケーションの回復を求めて他人にちょっかいを出す。

→男は興味のない人間をほうっておくことができるが、女は仲間はずれを許さない。
 コミュニケーションに応じない存在を敵視してわざわざ攻撃しに行く。
 自分のコミュニティに過剰に固執してそこから移動することを嫌がる。



◆女は、ストレスに対する感受性そのものは低い(性欲への高まりが鈍いのと同じ理由)
 ただし、そのストレスを増幅する厄介な機能がある。
 男はストレスそのものに対する感受性そのものは高い(扁桃体で直に受け止めるから)
 ただし、そのストレスを認識し、処理する機能が弱い。
 
→ゆえに、男は短期的にはストレスに強いが、ストレスに晒され続けると潰れる。
 女性は、短期的にはストレスに弱くヒステリーを起こしがちだが、長期的にはタフ。