ゴミはゴミ箱へ

ネットのゴミを収集しています

「魔法科高校の劣等生」や「まおゆう」、「ログホライゾン」は別格

一つ前の作品においても、「ログホライゾン」とかと比べると見劣りする部分はある。

この作品もなろう原作ではないらしいしね。

そういう意味でまだまだなろう作品によるボトムアップは発展途上にあるとは思う。

「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです」 他の作品がDQ1とするならこれはDQ3。素直に面白い。

うたわれるもの」を思い出す。 あるいはランス10の第二部を思い起こさせるような始まり方。

「転生したらスライムでした」よりこちらの作品のほうが完成度が高い。

主人公たちがリアリティのかけらもない存在だからこそ、それ以外のところは丁寧にというのがよいですわ。


なろう作品の多くの主人公は「俺TUEEE」とステータスの高さくらいしか特徴がないため、他の強いキャラを出せなかったりする。パーティーは主人公に従属する存在でなければならない(そうしないと主人公の立ち位置を脅かしてしまう)というのがあり、こればかりはテンプレが発達しても作家の腕がなければ解決できないところである。ほとんどの主人公はソロなのだ。「悪く言えばドラクエ1の世界」である。(よく言えばシレンとかゼルダポケモンDQMの世界)



一方この作品はそのあたり主人公が7人いるけど、それぞれ個性が特化しておりかぶらないのでちゃんと活躍できるのが良い。これは作者の力量によるものだろう。「灰と幻想のグリムガル」とかもそうだけれど、主人公がパーティーとしてちゃんと描けるというだけで作家の能力は少し高いといえる。「こちらはドラクエ2以降」の世界と言える。というかもうこれは2ではなく3だろう。


本来、ネットゲームはその先の進化系のハズだからもっともっと描けるはずなので、まだまだ先は長いけれど、とりあえずこの作品が新しいテンプレとして機能してくれるといいなと思う。



というわけでこの作品はかなりオススメ。



超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!(5) (ヤングガンガンコミックス)

海空りく,山田こたろ スクウェア・エニックス 2018-06-13
売り上げランキング : 1983
by ヨメレバ


ヤングガンガンも比較的良いコミカライズが多い。

「野生のラスボスがあらわれた」 オーバーロードのオマージュとして良質。おすすめ。

これはいいなと思ったら、やっぱりAmazonでも評判が高い。アース・スターコミックスによるなろうコミカライズは信頼性高い。ちぃ覚えた。

野生のラスボスが現れた!【コミック版】 1 -黒翼の覇王- (アース・スターコミックス)[Kindle版]

炎頭,YahaKo アース・スター エンターテイメント 2017-12-15
売り上げランキング : 2332
by ヨメレバ

野生のラスボスが現れた!【コミック版】 2 -黒翼の覇王- (アース・スターコミックス)[Kindle版]

炎頭,YahaKo アース・スター エンターテイメント 2018-04-12
売り上げランキング : 1944
by ヨメレバ

なろう原作コミカライズの中では、今までで「無職転生」の次にオススメ。

基本的にはオーバーロードのパクリなのですが、土台となるゲームシステムの元が良くできている。

また、転生前の物語がちゃんと世界に息づいており、そのため「ユーベルブラット」のようなストーリーがちゃんと存在している。

オーバーロードがまっさらな状態から俺TUEEEEEEやるのに比べると、こっちはどちらかと言うとゲーム中の過去を重んじており、その点でも差別化ができている。

主人公の性格も良い。オーバーロードの倫理コードゼロな展開はあんまりすきじゃないんだよね。 というかあの「仲間内に対するときと敵に対する時の二重人格ぶりに違和感が強すぎてあれみんなどうやって納得してるの?」が全然理解できてない。

どっちかというとELFのBE-YONDが好きなのでこういうほうがいい。





とかいろいろあるけど、まず単純に絵がしっかりしているというのが大きい。

なろう原作のコミカライズは、絵の担当がクソであることが結構多い中、ちゃんと実力がある人が担当している。

上でも書いたけど、コミックアース・スターのなろう原作ものはあたりが多いのかもしれない。




どうでもいいけど「ディーナ」って絶対にプレイヤーだよね?
伏線もクソもないけど、さすらにリブラが覚えてないのはおかしいわな。
記憶操作の能力も伏線だよね。

「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが」 異世界版ワンパンマン。これはおすすめ。

https://ncode.syosetu.com/n5691dd/

成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが?
本当に最強なら、戦いにすらならない! 全ての敵が即死する、超お気楽異世界召喚コメディ!

行き着くところまで行き着いた感じのやつ。

個人的には多くの作品がごちゃごちゃ似たような能力を、ちょっとだけ説明を変えて使いまわしてるなかでこのくらい振り切った作品のほうが好き。


というか、私は納都花丸さんの絵がめっちゃ好きなんですよ。


これはオススメ。

「私、能力は平均値でって言ったよね?」 これは全然ダメ。おすすめしない。

コミック版3巻まで読んだ。

すべての能力が世界最強クラスと最弱の平均で、世界最強クラスというのは人類じゃなくて神クラスも含むということで潜在能力は人類最強クラスなんですって。

つまり「全パラメーターでチート」という設定。

ちなみに、当初の平凡に生きたいみたいな設定はあんまり重要じゃないのでこのタイトルもあんまり意味がない。


一応自分だけが無双するんじゃなくて、

周りの友人たちを鍛えて活躍させるという形になっている。

そういう意味では「賢者の孫」みたいな作品。どっちが先かしらんけどね。



FUNAさん作品の中ではダントツで面白くないので、多分これが一番最初でここからいろいろ洗練していったものと思われる。

なにより、コミカライズの人の能力の問題なのか、1冊あたりの密度が低く、かつ絵もどんどんひどくなっていってる。

というわけであんまり読む価値なし。

私、能力は平均値でって言ったよね!(3) (アース・スターコミックス)

ねこみんと,FUNA,亜方逸樹 泰文堂 2018-06-12
売り上げランキング : 1907
by ヨメレバ


なんかむかつく。後でなんか書くかもしれないが、関わりたくない気持ちのほうが強い。

ダーク♂ペタゴジー(dark petagogy)=日本語の直訳は「暗黒教授法」。これは強い(確信)

言葉の響きが好き。それだけ。

「ダークペダゴジー」が、危険タックルを引き起こした。教育学者が指摘

ダークペダゴジーは、倫理的に問題のある手法を用いて他者の成長発達、価値観や知識の獲得に介入する行為を指すものです。より具体的には「暴力・強制・嘘・賞罰・欲求充足の禁止・条件付き愛情・心理操作・監視・屈辱」などを用いた教育行為がダークペダゴジーに当たります。

ダークペダゴジーを一律に禁止するのではなく、どこまで許されるかの線引きを被教育者の権利保障を最大限に実質化するために丁寧に行っていく必要があります

ちなみにpetagogyは教授法のこと。暗黒教授法って訳すとより中二病度が上がるよ。
マッドサイエンティスト」に匹敵するレベル。


ちなみに、大本としては「Poisonous Petagogy」があって
その中の一種という位置づけかな。

Poisonous pedagogy - Wikipedia

Alice Miller defines poisonous pedagogy as all types of behavior that she believes is intended to manipulate children's characters through force or deception. Her focus is not merely on smacking (although she has said that "Every smack is a humiliation" and clearly opposes corporal punishment) but also on various other forms of manipulation, deceit, hypocrisy, and coercion, which she argues are commonly used by parents and teachers against children

とあるように、「魂の殺人」の著者として有名なアリス・ミラーあたりが言いだしっぺか。


ダーク・ペタゴジーで検索してもあんまりそれっぽいのが見当たらない。
https://uf.gu.se/aktuellt/Aktuellt+Detalj/?&eventId=3175156509

http://www.cdo.ugent.be/sites/default/files/downloads/Dark%20pedagogy%20presentation%20Jonas%20Lysgaard.pdf