読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史マンガはいい文明

「風雲児たち」から初めていろんな歴史マンガを読みます。オススメの歴史漫画あれば教えてください

ジャンヌ・ダルクについて①  関連人物について

ジャンヌダルクの活躍の期間は異常に短い。活動期間自体が1年にも満たず、その中でも活躍したのは本当に序盤の2ヶ月程度である。

★1429年3月にシャルル7世に謁見し、オルレアン包囲戦に関わったのは4月29日。ロワール川沿いのオルレアンが極めて重要な拠点であったこと、それ故に1428年10月から約半年以上戦い続けていたにも関わらず、ジャンヌ参戦後わずか8~10日後にフランス軍の勝利で完了するという展開は、そりゃ奇跡と言われるでしょう。

ジャンヌがオルレアン防衛のために取った戦法は、各要塞に分散された(各要塞の情報連絡には時間が掛かった)イングランド軍を立て続けに各個撃破するというもので、攻城戦は包囲後に講和を結んで終結するという当時のヨーロッパの常識から考えると「蛮族の行為」であった

http://d.hatena.ne.jp/houkouonchi/20130908/1378690079

このあと「ロワールキャンペーン」が実施されるくらいまでが全盛期。6月くらいまでは活躍するものの、もうこの後はジャンヌ自体が活躍して勝利を収めるという展開はほとんどない。シャルル7世がランスで戴冠式を行ったのは7月13日だけれど、その前の戦いからすでに活躍の主体はリッシュモン大元帥に移っている。11月ころからはジャンヌが参加した戦いでも失敗が多く、1430年5月23日にはついにコンピエーニュの戦いで破れて捕縛されてしまっている。

このあたりから、ジャンヌはオルレアン戦まで限定で本当に神通力があったのだとか、彼女の側に知恵袋がいたのだという発想も生まれるわけで、佐藤賢一さんの小説「傭兵ピエール」はそんな発想から生まれていると思われます。面白いよ。

ジャンヌダルクの活躍に関連ある人物など

①一番最初にジャンヌがアプローチした「ロベール・デュ・ボードリクール」


シノンで最初にジャンヌをチェックした「ラ・トレモイユ」

1429年3月6日、ジャンヌはボードリクールに護衛されてシノンに到着し、懐疑的であったラ・トレモイユと面会した。3月9日、ついに彼女は王太子に謁見した(王太子が最終的に彼女の「(魔)力(または彼女の有用性)」を確信した遭遇は、この2、3日前であった)[29]。それにも関わらず、王太子はジャンヌに最初にポワチエに行き、教会組織による検査を受けてくるように要求したが、聖職者により彼女は有害でなく、任務を安全にを引き受けることができると裁定が下ると、王太子は3月22日にようやく彼女の奉仕を受け入れることとなった。

③彼女を登用することを決めた「シャルル7世」



④オルレアン包囲戦において彼女と共に戦った「アランソン公ジャン2世」、「ジャン・ド・デュノワ」、「ラ・イル」(エティエンヌ・ド・ヴィニョル)または「ジル・ド・レ」など

ジャンヌ・ダルク関連だと日本ではとにかく「ジル・ド・レ」ばっかり目立つけど、こいつガチで無能のような気がする。いいところのボンボンが政争に巻き込まれたみたいな感じある。




⑤フランス勝利の真の立役者と言われる「リッシュモン」大元帥

1429年、ジャンヌ・ダルクイングランド軍が包囲しているオルレアンの救援をシャルル7世に願い出ると、消極的だったラ・トレモイユは主戦派の台頭を恐れジルにジャンヌを監視させ、オルレアン包囲戦が5月にフランス軍の勝利となり、ランス解放を目指して進軍するジャンヌらフランス軍にリッシュモンが合流すると阻止を図ったが失敗、リッシュモンはジャンヌ・ジルらと共にイングランド軍を6月のパテーの戦いで打ち破り、7月にランスでシャルル7世の戴冠式を実現させた。これ以上主戦派を勢いづかせないためラ・トレモイユはシャルル7世に進言してリッシュモンを再び遠ざけ、戴冠式に出席したジルをフランス元帥に任じて懐柔した。更に主戦派を出し抜こうとしてブルゴーニュ派と和平交渉に取り組み1430年までの休戦を取り付けた

⑥異端審問を行った司教コーションとそのエピソード
これについては「傭兵ピエール」や「ダンス・マカブル」というマンガあたりが描いてるけど、とてもゲスいのであまりオススメ出来ない……。

ダンス・マカブル 1 ~西洋暗黒小史~<ダンス・マカブル> (コミックフラッパー)[Kindle版]

大西巷一 KADOKAWA / メディアファクトリー 2013-07-15
売り上げランキング : 6522
by ヨメレバ



トウェイン完訳コレクション マーク・トウェインのジャンヌ・ダルク ジャンヌ・ダルクについての個人的回想<トウェイン完訳コレクション> (角川文庫)[Kindle版]

マーク・トウェイン,大久保 博 KADOKAWA / 角川書店 2015-04-25
売り上げランキング : 23585
by ヨメレバ


個人的には、ニシン戦争めっちゃ面白い