読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史マンガはいい文明

「風雲児たち」から初めていろんな歴史マンガを読みます。オススメの歴史漫画あれば教えてください

ホークウッド 騎士には名誉を、傭兵には金を

すげえ!

クレシー、カレー、ポワティエの戦いのうち、クレーの戦いに焦点を持ってくるとは。
そしてエドワード黒太子をダシにして、ホークウッドすらダシにしてエドワード三世が主役だと!!こんなの予想できんわ。

この作品は、ホークウッドの名を冠してはいるが、ホークウッドに関しては序章もいいところだ。百年戦争ですら序章。こんな贅沢な無駄遣いをしてる漫画が出せるってすごいなマジで。


ここから引用。

俺は他人を信用しない。相手が善人ならなおさらだ。善人は気のいいやつが多いが貧乏くじばかりひく。信用すれば俺まで巻き添えをくらっちまう。だが悪党は違う。悪党は自分のとかになることしかしねえ。抜け目なくことを運び、やばい時は他人を踏み台にしてさっさと逃げる。そういうやつでなきゃ信用できねえ。俺は悪党以外他人を信用しねえのさ。あんたが悪党でよかったぜホークウッド。



騎士であることは特権である。馬一頭は百姓1人が生涯に納める税金よりもはるかに高価なものであり、騎士はその所有を許された特権的な富裕層だ。柏間上から人々を見下ろし馬の脚力を自在にできることで優位に浸る。支配階級である騎士たちは自らの特権を守るために、戦いの決まり事を自分たちに都合の良いように定めてそれに従わせようとした。堂々たる戦いや勇猛さこそが誉であって、戦力そのものの優劣よりも騎士道言う観念こそが重要だと信じ込ませようとしたのだ。

かつて、騎士たちは、弩をあまりにも無慈悲な武器であるとして教皇に訴えて禁止令を出させたことがあった。やつらの目論見もわかる。

弩は鍛錬を積まなくとも、引き金をひきさえすれば誰にでも矢を射ることができる武器だ。すなわちそれはたとえ平民にあっても騎士の命を奪うことができるということだ。特権的な騎士が平民に敗れることがあってはならぬ。禁止令を出させたのは、弩が騎士の優位を脅かすものであると真に恐れていたことの証左でもある。この光景を見るがいい騎士達よ。騎馬が最強との思い込みはすでに幻想に過ぎないのだ。

⇨ばかめ。弩が騎士を倒せようと、傭兵が騎士に雇われる立場であるかぎり、結局は騎士の作った決まりの元で戦わねばやらんのは変わりないってことだ。

⇨戦では騎士の時代なんてものは特に終わっていやがるがな。この世の中はまだまだ騎士の時代だってことなのさ。騎士の時代が終わったのは間違いないが、傭兵の時代はまだ来ない。

もはや、騎馬こそ最強と信じることができないかもしれない。だが騎士を中心に作り上げられたこの世の仕組みを崩すわけにはいかない。例え敵を倒したのが弓矢であろうとも戦いを勝利に導いたのは騎士でなければならんのだよ。

⇨もはや騎士道など存在せぬ。先の戦いで騎士道などと言うものはもはやありはしないのだと悟った。あるのは騎士という見てくれの権威だけなのだ。だが世が騎士の時代であることは変わらない。どれほどの愚鈍であろうとも騎士の肩書きさえあれば高潔な人物として振る舞うことが許されるのがこの世の中なのだ。御前が騎士にふさわしい人間かどうかなどもうどうでも良い。私は強くなとお前と戦いたいだけだ。

⇨しみったれた騎士の権威など俺には必要ねえ。どんな相手でも戦い方次第だってことは、お前さんだってもうわかっているはずだぜ。騎士の肩書きなんてなくたってな、俺は俺のやり方で傭兵の時代を作ってやるぜ。



この漫画面白い。

騎兵が傭兵を取り入れるようになることで、戦争のルールも変わり、さらにペストで領主の力が弱まった時代の話。

地位を保証されて、誇りや名誉のために戦えていた時期が終わり、忠誠心ではなく勝って生き延びることが求められるようになった時代。

まさに正社員という制度をまかないきれなくなった現代に通じる感覚だ。
ただ、この時代は、騎士達はりゃくだつか功績を挙げて恩賞を得るしかものを得るみちはなく、逆に傭兵はスポンサーさえ見つかれば、戦場に参加してるだけで報酬がしはらわれる。さてどっちが良いか?


騎士達は勝手に自分たちのルールを設定してその枠内で戦っていたが、それ故に、そのルールに従わない人間に好きなようにやられていく。





傭兵部隊のやりくりを描いているが、なにより
傭兵と騎兵の価値観の違いを丁寧に描いている。


傭兵隊長の戦い方、
騎士団の戦い方、
王の戦い方、全てが違う。

傭兵の小隊レベルでいくら頑張っても王の戦いが間違っていればやられるだけ。


しかも傭兵の価値観は刹那的で利害関係次第。調子が悪くなればすぐに離反される。
二百やそこらの傭兵を維持するのがこれだけ困難な時代に、万単位の兵を率いるには何が必要か。



ちなみにこの戦いにおけるフランスの立場は、元寇を食らった北条家のくのうに近い。
外敵から国を守らなければならないが、勝っても与える領地がない。

制度的なもんだいてんなんだよねこれ。



シャルトル騎士団のリシャール・ペリエはなんだろなこれ。
騎士道と名乗れば何しても許されると思ってる狂人か?