ゴミはゴミ箱へ

ネットのゴミを収集しています

ポリコレ棒の指摘に対して非当事者が「先に殴られたのはLGBTのほうだ」って返しするの悪手すぎだろ

これどや顔で言ってる人ほんとタチ悪い。


ポリコレ棒と指摘される行為を「そうですが何か?」「お前らが先にやったんだろ?」正当化するような発言をする人間はアホだ。


その返しは小学生の「バカっていったほうがバカ」とあんまり変わらない。


ポリコレ棒という指摘への最適解は「ポリコレ棒という言葉を使う人間自体を批判する」あるいは「ポリコレ棒と指摘される行為を明確にした上で、ダメなところはだめで、問題ないところは問題ないと主張する」だ。つまり「ポリコレ棒という指摘自体を無効化」しなければいけないってことだ。そういう指摘をされないような戦い方をしましょうってことだ。

「どっちが先にバカと言ったか」というレベルで争うと、相手の反論を有効にしてしまい、自分たちの主張が相殺されてしまう。
そういう戦い方をするのは、無能な味方というのである。


なぜか無能な味方に限って、こういうことを言うと「それはトーンポリシングだ」と言い出す。

なぜだ?
「わざわざ不利になる戦い方をやめて有利な戦い方をしよう」っていうのがなんか間違っているか?
なんでお前らは「感情のまま喚き散らす方が有利な戦い方」だと思ってる?
なんでそんなに「感情のまま喚き散らす」ことそのものを有効な戦略ということにしたがる?


そんなわけねえだろ。何を言ってるんだ。


なぜか「トーンポリシング」って言葉で思考停止するバカが多すぎるのほんと不思議なんだよな。


トーンポリシング」を主張する人たちは、本当に頭が悪くてなぜか「怒りを表明すること自体を禁止されてる」と思ってる。
そんなこと誰も言ってないんだよなぁ。

「別に怒りを表明することは好きにしたらいい」んだよ。それをやめろなんて一言も言ってない。
ただ、それで相手が説得できると思ってるならお前はバカだよって言ってるだけだ。


お前は人を罵倒してくるような人間の意見を尊重するのか? そういう態度が冷静な主張より優先される世界を望むのか?
違うだろ?そんな「夫婦間のコミュニケーションはDVが最適」みたいなあほなこと言わないだろ?


怒ってもいいんだよ。
まずさんざん怒りをそのまんま表現したらいいんだよ。
それについては当事者くらいしか共感してくれる人はいないだろうし反発もされるだろうけど、
そうやって気持ちを落ち着けて、仲間も集めて、冷静になったらその怒りの感情を他人に伝わるように加工して話始めればいいんだよ。


なぜ「怒ってる状態をそのまんま受け入れてほしい」と思うんだ?
そんなもん、受け入れられるわけないだろ。


「言い方を考えて」とか「冷静になれ」とか「落ち着いて」って話をしてくる人間についてはさ「この言い方で何の問題がありますか?」と返すべきであって、「それはトーンポリシングです」なんて思考停止しすんじゃねえぞ……。



基本的にポリコレを主張する人たちが勘違いしてること

「対等に勝負することになった時にちゃんと戦えてるだろうか」という前提が全くないことだ。


こういうことを言うと「対等じゃない。当事者たちは差別されてた。対等な条件での勝負を要求するのは既得権益者に有利すぎる」と反論してくる。まぁそれ自体はその通りだろう。

しかし「だから私たちは何をやってもいい。戦いにおいても優遇されて当然」みたいなことを平気で言う人たちがいる。

あほかと。

必要なのは「対等な勝負になるようにすること」であって、なんでそこで「不公正な審判を持ってくること」になるんだよ。不公正と戦おうというやつが自ら不公正になってどうすんだ。そんな主張でだれが支持するんだよ。百歩譲って、それでも当事者がいうなら感情的には理解できなくはない。 ただし、この主張を受け入れる場合は当事者以外がそれを代弁したりすることは絶対に許されないけどな。これだけ特別な権利を誰にでも認めるわけないだろ。
こういう主張をするということ自体、「当事者だけで戦え」って言ってるようなもんだがそれでいいのか?




あるいは「当事者以外も当事者のために戦ってよい」というのはいいとしよう。だが、その場合、当事者以外にハンデを与えられる理由はない。それどころか、非当事者が、勝手にそのハンデを要求するようなふるまいをすることは絶対に許されない。非当事者が支持をすることはいいとして、その「ハンデ」を行使する権利は非当事者にはない。

その非当事者の行為について、弁護士のように正式に「代理人」の立場をとるなら別だ。責任の所在を明確にした上で、当事者の同意を得て「委託」の形をとるならまだあり得る。



でも誰もそんなことしてないよな。今ネットの皆さんがやってるのは当事者たちを「責任能力がない存在」とみなし、彼らには権利を行使する能力がないから代わりに私たちがそれを使ってやるのだ、という態度だよな。 その場合、当事者を誰よりも差別してるのは「ポリコレ」の人たちということになる。「マイノリティ当事者たちは、一般人とは決して対等の立場ではない、かわいそうな存在だから私たちが保護してあげなくてはいけない。権利もかわりに私たちが使ってあげなければいけない」と言っているようなものだ。しかもそれによって起きる責任は当事者持ちとかなんだそれは。

お前らが一番の当事者を見下してるじゃねえか。お前らが一番当事者を搾取してるじゃねえか。自分の正義のために利用してるじゃねえか。


当事者ならともかく、「お前ら非当事者は非当事者は、ちゃんと対等の条件で戦え」よ。お前らが当事者の顔をして当事者だけに許されうる権利を行使してんじゃねえよ。そんなだから当事者の権利すら認められなくなるんじゃねえか。

「傷ついた当事者が自分で立ち上がるのを強要するのはひどい」ああその通りだな。だからといって、お前らが、勝手に当事者の代わりをすることを認める理屈にはならない。それを主張するのであればちゃんと当事者たちから委託をうける手間をかけろ。 やってねえだろ。お前らそれさぼってるだろ。お前ら自分に都合のいい理屈は勢いよく言うくせに、自分たちがやらないといけない面倒なプロセスは無視してんじゃねえか。

「当事者のため」とか「正義のため」って欺瞞を続けて勝手に当事者たちの権利を濫用するな。それは戸籍屋のやることだ。もっと分かり易く言えば詐欺師だ。詐欺師の言うことを信じるやつはいない。


反差別ってイージーなゲームじゃないと思うんだが、安易に杜撰な理屈を述べて自分で墓穴を掘ってしまう人が多すぎてげんなりする

とにかくさ。差別に反対するとか、LGBTの人たちを守りたいっていうその気持ち自体は尊いと思うんだけど
そこで「よく考えずに、反対する人間を適当な理屈で攻撃する」のやめろ。

バカな理屈を振りまかれると、「反差別」っていう点で協力したい人間もうんざりするから。

真面目に反差別について考えれば考えるほど、今は杜撰な理屈を当たり前のように唱えるいい加減な人たちが多すぎて、そういう人たちの声が大きい間は様子見せざるをえないって気持ちになる。

広告を非表示にする