ゴミはゴミ箱へ

ネットのゴミを収集しています

あのしんざきさんをイラっとさせたすごく気持ち悪いコメント

上の記事で書いた意見は特に変わっていません。今でも、他人の「これ好き!!」を探し出してわざわざ水をぶっかけに行く人は、40時間くらいひどい腹痛にでも悩まされて欲しいと思っています。今も変わらず、「だれかがそれを嫌っているかも知れない」ってことは全くくみ取らず、自分の好きなものについては「これ超好き!!!!」と主張していこうという所存ですし、そうし続けているところではあります

「Books&Appsの良心」ことしんざきさんはもともとこういうスタンスの人で、そこが好きなんですが、なぜ彼がわざわざこういう記事を書いたかということを考えると、珍しくイラっとしたんだろうなぁと思う。


このコメントである。


アオアシってマンガが面白いよ!」って書いてあるエントリに対して
http://mubou.seesaa.net/article/457025013.html#comment

解るよ。間違ってない。でも、ヒーローは馬鹿過ぎて好きに成れぬしヒロインたちは惚れる根拠不明の儘旺り狂ってるねんねにしか映ら無いし、凡百の王道志向の在り来たり漫画としか。スピリッツに目を通してるなら人気は掴め無かったけど夕空のクライフイズムの突破口に着目すべきだった、と惟うんだけどね、今はピーチでいちゃらぶしてるけどさ。 まあ、雨上がりを絶賛する気色悪さを見せ無かった点は高評価。

Posted by 甕星亭主人 at 2018年02月25日 23:57

……

うわぁ^^♯

直接言われたわけじゃないのにすげえイラっとする。

人をイラつかせるのにこれほど優れたコメントもなかなかないよね。

人が一番イラっとするのはどういうコメントか

1 自分がバカだと思ってる人間が
2 「自分がこだわっているものについて」知ったかぶりのコメントをして
3 ドヤ顔を決めている

という三条件を満たす時である。

ちなみに「こだわっているもの」については好きだけでなく嫌いな方もある。Aについてものすごいアンチで普段厳しく批判している人でも、誰かがAについて知ったかぶりでバカにしたようなコメントをしたりすると方向性が同じでもマジ切れする、というのを見たことがあるだろう。

たとえ自分が好きなものをほめていても、自分が嫌いなものを叩いていても本当に執着している人からしたら、雑な触れ方をする奴は許せなかったりする。逆に言うと、たとえ意見が対立していた理厳しいことを言っていてもその人のほうが自分より優れた人間だと思っていれば、せめて対等な存在だと敬意を感じている相手に言われても、そこまで腹が立たないものである。



上の人間のねっとりとした口調で語られるコメントは、この方向で考えたときにおよそ最悪の部類であり、そりゃ誰でもこの人のことは嫌いになるわなぁと思った。

あのしんざきさんが、名指しは避けているもののこういう記事を書いたのは、絶対この人物への反発を抱いたからであろう。この記事を書いた後、改めて自分が面白いと思った「アオアシ」について熱く語っている。




ところで、どうやらこの人物、いろんな「頭のいいひと」人間のところにいってマウントをすることで自尊心を満足させるのが趣味らしい。


青二才さんがさらにこじれるとこういう人になるんだろうなぁと思う(青二才さんは今でもtogetterだと若干これと同じフシを感じるが、最近は本当に大人になったと思う)。 私はしんざきさんと違って頭が悪いので、こういう人のターゲットにはなり得ないと思うが、こういう人にからまれたらどう対応するべきかを教えてくれるしんざきさんはとてもやさしい。

広告を非表示にする