ゴミはゴミ箱へ

ともあれ互助会やスパムや逆張り炎上芸人は滅びるべきである

フェミニズムに関する2つの記事

http://d.hatena.ne.jp/frroots/20180211/1518307385
mahal 平等というのが「仮想的ステート」であり、実現不可能であることを公理化した状態から始めないと、人権を社会デザインに落とし込むのは難しい気はする。「完璧に平等」な世界で能力不足者をどう救うと言うのだ!


http://roninworks.hatenablog.com/entry/2018/02/10/230547
#MeToo運動は、二つの暴いてはいけない真実を露わにしてしまった。
一つはセクハラが、政治や主義主張、社会的なイメージや信頼とは関係なく行われていたということ。
もう一つが、フェミニズムリベラリズムの"多様性"に基づいた言動は、職場での出世の道具やタレントのブランド作りに利用されまくっていたということだ。



ラディフェミはまさしく「感情」「机上の空論」を追いかけすぎているのにそのことに、そのことに対する自覚が弱く、現実において適用し易いところに集中的にその理想を押し付けてくるという意味でクズであるが、リベラルはリベラルで「理性」に寄りすぎて現実的には権力の追認や、(政府が認識していない)弱者への抑圧装置になっていたというお話。 



どちらもとても良い記事。この2つの記事が同日に出ているというのが面白いのだけれど、フェミ的になにか記念日でもあった?

広告を非表示にする