歴史マンガはいい文明

「風雲児たち」から初めていろんな歴史マンガを読みます。オススメの歴史漫画あれば教えてください

巴マミの病理=エミヤシロウの病理

彼女は魔法少女の真実に耐えられるほど強くない



大丈夫だもん
ひとりになったって私はやっていけるもの
たとえ仲間とうまくいかなくたって
今のやり方を変えるわけには行かないんだから。
だって、それが、皆のために戦うことが
家族の命を繋ぎ止められなかった、私の……


とはいえ、エミヤシロウと違って
巴マミはこわれきることができなかった。

違うの……全然大丈夫じゃないの。
強くないのに、完璧ぶって。
いつだって私は嘘ばっかり。
魔法少女を続けていたのだって、
大切な人を救えなかった罪滅ぼしのためなんかじゃなかったの。
本当の私は、正義の味方になりたかったわけじゃない。
誰かと一緒にいたかっただけなの。
意固地になって、強がる必要なんてなかったんだ
美樹さんはこんな私でも受け入れてくれるんだ。





私は気持ちが弱いから、あなたのようにはなれそうもない。
でもね、こんな弱い私でも、
美樹さんならきっと受け入れてくれると思うの。
だからあの子と一緒にいるって決めたの。
あなたになんか、邪魔はさせないわ。

美樹さやか

ねえ神様。

世界を救うだとかみんなの幸せを守るだとか
私はそんな神様の真似事をしたかったわけじゃないんだ。
ただあたしは目の前の家族と友達を救ってやれるような
そんな正義のヒーローみたいなやつになりたかっただけなんだ




反省会

互いの弱さを認めあってみんなで補い合えば
私たちにはもっと素敵な未来があったはずなの。

足手まといだから一緒にいたらいけないだとか
一人で格好良くならなくちゃとか
見せかけの強がりで幸せを逃しては駄目よ
そんな嘘は寂しいだけだから

いや、そうじゃなくて、誰一人「幸せになりたい」と思ってなかったから起きたよね。

みんな罰を受けたがってた。




佐倉杏子巴マミが戦うところまではとても良かった。その後の展開は意味不明。

・なぜ杏子は魔力不足にもかかわらずオクタビアと戦闘したのか。投げやりなマミを引き止めたのと矛盾する。
・ほむらとマミの会話シーン。杏子がマミに幻惑魔法を使ったとする意図が不明。一時的なハッタリ以上の効果がない。
・なぜマミは死んだのか。直前までの前向きな流れを覆すだけの決定的な理由に欠ける。
 また、マミの弱点を強調しすぎているきらいがある。

なにより、生きのびる事を祈りとして魔法少女になった設定をそのために無視している。

主に以上の理由から、この作品はプロットに欠陥があるといえます。 特によろしくない点は、キャラクターのある一側面を強調しフォーカスしすぎてしまった事です。 杏子はともかく、マミはサバイバル能力が高く、研究熱心な性格なのもあり、寂しがりで繊細な面はあったとしても、仲間に恵まれ、説得されたあの段階で自殺するのはやり過ぎであり、つじつまが合いません。

マミはなんで自殺したし?意味がわからない。



原作の佐倉杏子が好きなので、なんか納得いかない。

良い子ではあるけれど、「いい女」じゃなくなっちゃってるよね。

なんかマミさんありきの子になっちゃってる。