読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史マンガはいい文明

「風雲児たち」から初めていろんな歴史マンガを読みます。オススメの歴史漫画あれば教えてください

べるんさん、本当に申し訳ありませんでした

とある日私が書いた記事のブックマークに、なんだこれは……って感じの内容のコメントが付いていました。

こんな「シンプル」な話じゃない。
彼女の家族への複雑な思いや、この「物語」は
15話時点で話題だからこのビッグウエーブに乗ってみた的に書くのは失礼と思う。
まあどこぞの増田や犬アイコンのよりだいぶマシだけどな

別に私の記事が正しいんだ、とは言わんけども。

見知らぬ人間にここまで書かれる筋合いはないだろうと。

さすがに腹がたちました。

一応それなりにはいろいろ考えたり手間ひまかけて記事書いてるわけで。

なにより、記事を書いた意図を勝手に決めつけられるのが嫌でした。

確かにこの話を知ったのは15話がきっかけではあるけれど、「機能不全家族」については以前より強い思い入れがあって、自分も今回の件をきっかけに吐き出してみたいって気持ちがありました。それを「15話時点で話題だからこのビッグウエーブに乗ってみた的に書く」とか決めつけられるとさすがにイラッとするどころではすまないレベルで腹が立ちます。「一話から読んでることがそんなに偉いのかよ。そこまで言うならお前自分で説明してみろよ。どこから目線なんだよこれは」みたいなことを思ってめちゃくちゃ腹が立ったので即非表示に入れました。





で、非表示に放り込んでスッキリした後、

私以前これと同じことしてるなっ、てすごい反省しました。





というわけで。




べるんさんごめんなさい。

私のランス03の記事に対する私のコメントがものすごいムカつくものだったってことが、同じ目にあって非常によくわかりました。

べるんさんも、私のコメントを読んで「自分なりに頑張って書いた記事を頭ごなしに分かってない、とか簡単に切り捨てるなよ」「昔からランスやってれば偉いのかよ。そこまで言うならお前がランスについて俺より面白い記事書いてみろよ」って思ったでしょう。

今更ですが、酷いコメントを書いてしまったなと思います。

今は、私が悪かったと素直に思います。




もちろん、その後のべるんさんのやったことや、書いてきたことは無理筋もいいところだと思っています。その口の汚さや、なりふり構わない難癖の付け方、記事タイトルの付け方やI D コールに至るまで、こちらの嫌がることをしつこくやり続ける様には本気でドン引きしました。


※私以外にべるんさんにドン引きしていらっしゃる人の意見があったのでそちらを引用しておきますね。
ぺるん氏とddrdaisuki氏の喧嘩

とはいえ、D氏はD氏の価値観に従ってきちんとつまらない理由を挙げている。それに対して、まともな根拠も反論もできずたじたじになっているというぺ氏の反論は、的を外しているように私には映る。気に入らない人間から悪口を言われて怒りにまかせて逆襲したものの、予想以上に手ごわくてたじたじとなる、だが負けず嫌いの性格で後には引けないぺ氏…という方が私の印象に近い。喧嘩の発端は明らかにD氏が悪いのだが、議論の筋を読めば読むほど、ぺ氏の論のおかしさの方が目立つ。

ぺ氏自体が積極的に他者の感想へと攻撃を行っているという驚愕の事実が判明する。俺は好き勝手に感想を書くが皆の感想を尊重する、だからお前らも文句を言うな、ならばわかるのだが俺は好き勝手に感想を書くし、気に入らない感想は存分に叩く、だけどお前らは文句を言うな、という態度なのである。自分は他人の感想にどんどん攻撃を仕掛けていくのに、自分が他人から攻撃されると頭に血を上らせてしまう。これは少なくとも私から見れば、大いなる矛盾である。あまつさえ他人への悪口を裏ブログに堂々と書いて、悪びれもしない

特に争点にはなっていないはずのD氏の外部情報を積極的に攻撃している現状を見るに、ぺ氏が普段声高に唱えている内在的読解の質についても疑問が生まれてしまう。他ならぬぺ氏自身が、[製作者の人間性と絡めた作品批評は最も唾棄すべきもの]だと言っているではないか。ならば[ツイート主の人間性と絡めてツイートを読み、判断すること]は唾棄すべきことではないのか。[物語解釈の障害であるスキーマに対抗するには]、と書いた本人が、[テクスト解釈の障害であるスキーマ]に嬉々として身を委ねているのはどうしたことだろう。気に入らない人間のテクストだというだけでこれほど否定的に反応する人間は、気に入らない作家の作品に対しても、先入観を持って読んでしまうのは自明の理。外部情報に踊らされないというのは非常に難しい事で、ほとんどの人間には出来ないと思うが、ましてぺ氏にそれができるようには全く思えない

そんなわけで。私は、あなたが私に対してそう思っているであろうように、あなたのことが嫌いだし、あなたが今回やってきたことやそのあまりの話の通じなさについては非常に気持ち悪いと思っています。私は、あなたが以前私に対してそういったように、私もあなたのことを物語読みとしてつまらない人間だと思ってます。私は、あなたが以前私に対してそう一方的に告げたように、私もあなたとは二度と関わり合いになりたくないと告げます。





それでも、今回の騒動において、発端が私であること。そしてその私のコメントが言われた側として非常に腹が立つものであり、べるんさんが怒るのは無理もなかったこと。言い合いになった時も私はまず始めの発言を詫びてから冷静に話し合うこともできたのに喧嘩腰で接してしまったことは間違いありません。あなたのナイーブさを考慮してもっと優しく接してあげるべきでした。

心の底よりお詫びします。本当に申し訳ありませんでした。




3月25日追記
久々に見たらクッソたくさん追記してて笑った。
まず自分がこれだけたくさん追記してる割に、
こちらの追記には顔真っ赤!ってはしゃいでるのはギャグなんだろうか。
その理屈なら私の数倍追記してるべるんさんは顔真っ赤どころでは済まないことになるけどそれは認めるのかな?って思うけど、それは認めないらしいあたりからして、この人の論拠にはゴミ以下の価値しかないってことにいい加減期待して欲しいかな。

基本的にこの人トリ頭なのか記憶捏造なのかどちらかはわからないけど、矛盾多すぎるしそれ指摘しても通じないから無敵なんだよね、、、



この人ヘイト発言多すぎて、運営に怒られてやりすぎた部分は粛々と直すんだけどそのことは絶対に書かないよね。しかも私のブログがドメイン移動したのはアカウント取得の規約違反だってのは知ってるくせにそれ書かないで逃げたって扱いにするし、この人の見てるものと私の見てるもののすり合わせができない。で、追記全部は読んでないけど、増田は私が書いたことにしたいんだね。もちろん違うんだけど、証明できたら土下座でもしてくれるのかというとそういうこともないし。やりたい放題だよね。


私がいうのもなんですが、この人自分が言ってること全部跳ね返ってきてるよね。で、そのことをごまかしてる。都合の悪いこと全部こっちに押し付ければ、なかったことにできると思ってるのかな。反論しにくいことは隠したりスルーしつつそれをごまかすためにたくさん長文書いて。

どこをどうやったらこう自分にしか通じない定義の塊だけで破綻せずに生きていられるのか。本当になんらかの社会的生活ができてるのか心配になります。ぼっち大学生を通り越して引きこもりだとしたらお手上げだなあ。なんにせよネット弁慶の究極系みたいな人なので相手にしたくない