歴史マンガはいい文明

「風雲児たち」から初めていろんな歴史マンガを読みます。オススメの歴史漫画あれば教えてください

一緒に仕事をしたくない「あの人」の心理分析

一緒に仕事をしたくない「あの人」の心理分析

1 自分に自身が持てない人 マイナス思考のキャリア高所恐怖症
 (いわゆるウィンプタイプ)

2 常に自分だけが正しい人 融通の効かない正論家
 (感情も論理も共有可能だが、結論だけ共有できない)

3 自分にも他人にも厳しい人 24時間戦い続ける英雄
 (いわゆるマッチョタイプ)

4 自分の意見を言わない人 議論を避けたがる平和主義者
 (人間関係を修復できないというイメージを持っている)

5 他人の話を聞かない人 威張ってばかりのブルドーザー
 (2の正論家と違って行動するので良いも悪いも大きくぶれる)

6 ただ目立ちたいだけの人 ルール破りが大好きな反逆児
 (いわゆる勘違い野郎と呼ばれる人たち)

7 とにか大成功したい人 ホームラン狙いの大ぶり屋
 (大きく借りて、大きく賭けるのでかなり怖い)

8 いつもダメしか言わない人 変化を恐れる心配性の悲観論者
 (過剰な保守主義と所詮傍流という諦念の2つのパターンがある)

9 理論だけで判断する人 相手の気持が読めない感情不感症
 (正論家と違って、感情が本当にわからない)

10 口ばかりで何もやらない人 理想だけは立派なできたはず屋
 (日本では当たり前すぎるのだけれど、アメリカではレアらしいです)

11 なんでも喋りたがる人 公私の区別がつかない筒抜けスピーカー
 (広告代理店の人なんかに多いらしいです)

12 なにをすべきかわからない人 誰もがかかりやすい無気力症
 (ヤル気がないというわけではない。一人デスマ=ゴール消失状態である)

http://bukupe.com/summary/3098

「怖くてお仕事なんて頼めないブロガー」