歴史マンガはいい文明

「風雲児たち」から初めていろんな歴史マンガを読みます。オススメの歴史漫画あれば教えてください

言いたいことが尽きているにも関わらず何か発言し続けようとすること

何でも、なくてもいいんですよね。タバコに依存する、恋人に依存する、親に依存するのと同じように、ネットがないと生きていけないと思いすぎていた。もう一度自由に選び取るというか、同じ人と結婚し直すみたいな。ネットと1回離婚して、もう1回結婚し直すみたいなことが必要かもしれませんね。

――個人が使えるようになればなるほど、殺伐とした話題も増えてきた気がします。

おしゃべりのためだけにある部分が多すぎますよね。頭の中で済むことのために費やしているネットがちょっと多い。

例えば、里芋を植えようとしている人が、ネットで「こうするといい」「ああするといい」と言われたら、頭の中だけで終わらない。失敗しても言った人が責任取ってくれるわけじゃないから、慎重に選びますよね。里芋ができて食べることができたら、ネットが役に立った例。でも「里芋を育てるってどういうことですか」と呼び掛けて「あーでもない」「こーでもない」と言われて「なるほど里芋ってこういうことなんですね」で終わるのは、なんだか面白くないんだよね。何をやりたいか、生身の隣人とどういう関係を結ぶのかが人間にとって面白いことなので、ネットを主にして考えるのは「依存じゃないの?」と思います。

http://hatenanews.com/articles/201402/18278

反省しなければいけない。 (ほんとに?)

ただしゃべるタメだけにしゃべってちゃダメなんだ。(ほんとに?)

ブログ継続のためだけのブログ継続をやっててもダメなんだ。(ほんとに?)


最近、暇を持て余した時に、ネットを使うことが多い。

せっかく昨日臨時休日だったのに本を1冊読み終わった以外は、アニメとネットばかり。

しかも、ネットを使うにしても、

しょうもないところを見て、しょうもないところに言及して、しょうもないことをつぶやいていることが多い。

書きたいネタはあるのだけれど、今の状態だとめんどくさいと感じているせいか敬遠してしまう。

実際に書いてるのは、思いつき5秒、書くのに10分もかからないような軽いネタ。

昨日の記事は「鯛のおかしら」。実にどうでもいい。何やってんだ私。




ネット以外にやること、やりたいこと、やるべきことがあるのに。

寒い時期なので外出たくない、何もしたくない、というやる気なしモードになっている上、

職場の方で気が重いことがあって、そちらのことを考えたくないいあまり逃避的になってる。

つい先週「現実の問題に集中するためにネットの割合を減らします(キリッ)」って言ったくせに。

実際は、そちらの準備をサボってネットばかりやってる。何やってんだ私。





正直、今、ネットでどうしても語りたいこととか特に無い。

ただ、「いったんやめたら戻ってこれないんじゃないか」とか「みんな私の事忘れちゃうじゃないか」とか思って書いてるだけのような気がする。

あれだ、ほとんど株でいうところのナンピン状態みたいになってる。

そういう後ろ向きな気持ちで書いてる記事を、誰が読みたいと思うか。私なら読みたくない。

また気持ちが上向きになる時があるのか、それとも、このままズルズル落ちていくだけなのか。

それは、ネットで記事を書くこと「以外」の活動にかかってると思う。そっち頑張ろう、私。




本当は、言いたいことが尽きているのではなくて、

言いたいことをちゃんと言うための気力や体力が尽きているのかもしれないけれど。

とにかく、

・言いたいことが尽きているなら、なにか楽しいことインプットしたり、

・気力が尽きているなら休んだりリフレッシュしてみたり、

・両方だめなら、思い切って自分の状況を変える

ことが必要だと思う。

先週もそういう話してたと思うけど全然先に進めてない。ほんとに、ほんとに頑張ろう私。





個人的には、おしゃべりのためだけのネットってめっちゃ素晴らしいものだと思ってるんですけどね。

あくまで私がこういう気分だというだけです。

昨日はネット楽しいと感じない状態でネットやって、時間だけを浪費してしまった気がします。

どうせネットやるなら、楽しみたい。「言いたいこと」を言いたい。

言わなくてもいいことを言うくらいなら、別のことしたい。