歴史マンガはいい文明

「風雲児たち」から初めていろんな歴史マンガを読みます。オススメの歴史漫画あれば教えてください

ワタミタクショクは違法か?についての論点2つ

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1766762.html

ブコメでは給与の方に意識がいってるひとが多いようですが、
まず「労働基準法」適用になるかどうかが問題になるのでそれはズレた指摘です。

まず考慮すべきは

1「(認可を得ていないとおもわれる)自家用車で宅配させている」問題と、

2「時間場所の拘束をされ、報酬が給料の意味を持つ等の実態があるにも関わらず、「業務委託」「請負」と言い張る」問題

です。

ここで、特に2が問題とされ、労働法の適用ということになると、ここではじめて最低賃金などの問題が出てきます。

というわけで順番に検討してみましょう




認可を得ていない自家用車による宅配行為は「白トラ行為」と言って違法

http://p.tl/97BC

これらの行為を行うためには、業務委託配達員(まごころスタッフ)は、使用するマイカーを有償で自家用車を使用する為の届け出を管轄する運輸支局へ行わなければならない。しかし、現状として車検証では「自家用」となっている車両を「業務用」のままで使用、道路運送法第78条違反、貨物自動車運送事業法、貨物軽自動車運送事業法などの法令に抵触して運行している

※自家用車は原則として有償の用に供する事は出来ません。公共性の高い業務(お中元、お歳暮のシーズン)などに限り定められた期間だけ許可申請を行うことにより所属する運送会社の増車として認められますが、ワタミタクショクは運送会社ではありませんので許可申請の対象外


http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H01/H01HO083.html

なぜヤクルトレディやピザ宅配が、自社で配送用車両を用意して提供しているか。なぜ自分の社員として扱っているかというと、この認可を一括して得るためなのかな。

信頼性以前の問題に、認可が必要ならたしかにそのほうが合理的。 ちなみに最近はこの抜け穴を利用して規制の対象外である「自転車」「リヤカー」などを利用して個人事業主契約を結んで宅配・販売させてる業者さんをちらほら見かける。


違法でなかったとしても、衛生問題を考慮すると、何の特別な設備もない自家用車で宅配されたものへの信頼性には疑問が出ますね。 気にし過ぎかもしれませんが、品質に差が出ることは明確でしょう。



で、之に対して匿名ながら

私は過去にまごころスタッフをしていました。配達中に駐車違反を取り締まっていた警察が「配達中」のプレートを見て、ナンバーが白い事、所有者が会社ではない事で罪に問われるのはあなただから、会社に行って即刻このシステムを停止するように伝えて下さい。今回は見なかった事にします・・・と言われ所長に
報告しましたが、「捕まるのは僕じゃないから知りません。」と言われ「では、本当に違法なんですか?」と聞くと「たぶん違法でしょうね」と言われ、怖くなってまごころスタッフは辞めました。子供を抱えて前科持ちにはなりたくないです。

という報告も上がっており、これが事実なら一発で業務停止食らってもおかしくないレベルでしょう。


どうも、公職選挙法に関しても違反とおもわれる行為がちらほら報告されており、ワタミ全体として遵法精神が薄いのではないかという気がします。



偽装請負疑惑

こちらはブクマ参照。

http://q.hatena.ne.jp/1192565914
http://www.bizocean.jp/column/mjs/zeirishi_32/


http://www.e-team.jp/information/faq/07.html

労働者(雇用)にあたるのか、そうでないのか。この違いは大きいです。業務委託となれば民法上の請負契約(632条)や委任契約(643条)にあたり、その関係は使用者と雇用者の労働契約ではありませんから、労働法は適用されません。

契約如何にかかわらず、労働法が適用になるかどうかは実態をみて判断することになっています。つまり事業者が労働者に対して、これは委託契約だということで労働法から逃れようとしても、実態が雇用関係にあれば労働法を適用する

ここでは10の判断基準が示されています。


特に運転手の請負契約はメジャーなだけにクリティカルな判例があります。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/12/dl/s1216-13a.pdf
下線部の条件をみたす場合は、雇用契約とみなされ、事業者が「委託契約だ」と主張しても労働法が適用され、勤務時間に応じた最低賃金などの話になります。



ここから先は情報求む

さて、これらを踏まえた上で、ワタミの宅食販売は「雇用契約」に当たるかどうかなのですが・・・。
すみません、実態についての情報が不足しているので判断できません。

特に「時間拘束」や「業務についての指示」、「給料についてのペナルティ」などがあると、雇用契約にあたる可能性があります。これは宅食事業全体でなく、事業所ごとで判断される場合もあります。

情報求む。




ワタミタクショクさんには、社会に恥じない事業を展開してほしい。

ワタミタクショクのお弁当、おいしいと思いますよ。お米がおいしい。
逮捕者が出たりしたら、悲しむお年寄りがたくさんいると思います。
ワタミタクショクはもっとちゃんと調べて、まごころスタッフが安心して働けるようにしてあげて下さい。
金曜日に配達に来てくれたお兄さんは「怖いからいつ辞めるって言い出そうか悩んでいる」と言ってました。

という声もあります(匿名ですが)
宅食を必要としている人は大勢います。お弁当も美味しいものを作ろうとしているスタッフも居るでしょうし、それを届けるために頑張ろうという人もいます。そういう人たちが胸を張って仕事できるような環境を整えてあげて下さい。




ワタミ関連記事
http://possession.hatenablog.com/entry/2013/07/01/215900
http://possession.hatenablog.com/entry/2013/06/24/031129
http://possession.hatenablog.com/entry/2013/06/02/070307


ブラック企業・ハラスメント関連記事
http://possession.hatenablog.com/entry/2013/06/24/230222
http://possession.hatenablog.com/entry/2013/06/29/125039
http://possession.hatenablog.com/entry/2013/06/21/121402
http://possession.hatenablog.com/entry/2013/05/29/100701