読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史マンガはいい文明

「風雲児たち」から初めていろんな歴史マンガを読みます。オススメの歴史漫画あれば教えてください

「ib インスタントバレット」5  やっと見つけた、私の敵!君の名は・・・

君と私が一緒にいた時間なんて、全部合計しても1日に満たないでしょ。 それで私の何がわかるの? もし君が前世で私の恋人だったとか、運命を共にする仲間だったとか。 そういうのだったらいうことを聞いてあげたかもね。 だけどそうじゃなかったでしょ?そう…

「ib~インスタントバレット5」  不良品で人間失格の救いようがない君たちへ

無自覚なら教えよう。 君にとっての暴力とは、親から学べた唯一の対話。 他人とつながる手段だ。 憎んで憎まれて。その時生まれる関係でしか、 君は他者を実感することができなかった。 君の暴力は自分の意志を押し通すための手段ではない。 そんなもので私…

「ib~インスタントバレット」4  誰かの代わりにしかなれなかった悲しい願い

もっと怒らなきゃ。 こんなのは全然足りない。 僕はまた何もできなかった。 何もできないまま、いつかこの怒りと衝動を忘れていく。 何もしない自分を受け入れていく。そんなのはもう……。 僕は何かをしなきゃいけないはずなのに。何をすればいいのかだけがず…

「Ib~インスタントバレット」3巻  この世界の端っこで、私を見つけてくれて、ありがとう

親に捨てられて、周りからも奇妙な視線を投げられる。 きっと私は人から好かれる人間じゃない。 だれからも愛されることなんかない。誰も愛することなんかない。 そう思ってた。 でも、未来、いつの日か、私はひとを好きになる。 そのことを私は知っていた。…

「Ib ~インスタントバレット」 強くなければ生きていけない。だが優しくなれないなら、人生に生きる価値などない

君に必要なのは対話だ。 君が世界に奪われた、ごくごく当たり前の人間とのかかわりだ。 今回の件で私は誰の味方もできない。基本は中立だ。 だけど問題は、彼女が自分のことを決して語らないことだ。それこそがアンフェアなんだ。 そもそもお前らは、不満が…

「Ib~インスタントバレット」  世界が嫌いなら、世界を壊そうとしなくても秘密基地作ればいいんじゃね?

俺は君たちみたく、この世界をどうこうしようって気はないんだ。 そんな気力もないし、そもそもそんな力がない。 気分は世捨て人か隠居人。 俺はもうこの世界だけでいいんだ。 今さらあの世界が滅びたって、別にね。 だけど、秘密基地は一人じゃ締まらない。…

「Ib~インスタントバレット」 魔法少女の力の源が夢と希望ではなく悪意と絶望でもいいじゃない

あっこれFate GrandOrderで見たやつだ。 人理修復しなきゃ(使命感) この世界の99%は幸せな人間でできている。 恋をして愛をして明日を望んで夢を見る。 そんな当たり前を手にできなかった1%は確かに必ずどこかにいて。 世界を壊す理由なんていつだって一…

「お前、理不尽との向き合い方はいろいろあるのに自分のやり方が一番賢いと思ってるだろ」

人類滅亡?地球が滅ぶ?大歓迎だ。だけどな。それは僕がやる。誰かに譲る気はない 「同じ悲劇だとしても、自分の周囲の悲劇と地球の裏側の悲劇が等価のはずがない」 「僕は知っているだけだ。 この世界が理不尽なことを。 ずっと前から知っている。だから何…

「Ibインスタンドバレット」  現実や世界そのものを否定しようとすることの滑稽さとそれゆえの切実さ

とりあえず1巻だけ読んだファーストインプレッション。 緑のルーペ「ブラックパレード」みたいなアンチ日常系の作品かな。 アンチ日常系は、基本的に救いがない。 なぜなら日常を破壊したりそこから脱出したところで、その先にあるのは別の日常だから。 一…